スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂に入るシーン

ウチの親父は時代劇の大ファンで、あらゆるモノを
時代劇というだけで、片っ端から見るのですが、
その中でも水戸黄門が一番好き。

なぜなら、お銀がお風呂に入るから。

アレ、いま何か名前変わったっけ?

まぁ、それはともかくあの必要以上に白くにごった
お風呂に入るシーンが好きなわけです。

けど、最近それが少なくなって、水戸黄門も
いまいちになったと言っていました。

どーしようも無いエロオヤジです。

グチも終わったところで今日の本題。

FXで取引により持ったポジション(買い・売り)の損失は、
基本的に預けている証拠金の範囲で収まります。

よくあるイメージですが、
「100万円の資金が、いつの間にか数百万の借金に・・」
といった様な事はありません。

一定の証拠金維持率を割るとFX会社によって反対売買が
強制的に行われる為に、預けている証拠金を超えて
損失が出る事はないのです。これに加えて、行政処分などがあったかどうかも
調べておきましょう。

これらはFXで資産運用するには大事なことですよね。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。